ハイエンドオーディオの定義

ラジカセとハイエンドオーディオでは何が違うか

オーディオ機器の分離について

2ch再生の魅力

2ch再生とマルチチャンネル再生の違い

用語集

より良い音で音楽を聴くための豆知識

私の所有するハイエンドオーディオ機器

掲示板

WADIA27ix v3.0 DAコンバーター試聴

トップページへ
 
 

2ch再生の魅力
ハイエンドオーディオ機器を使い2ch再生で聴く音楽の魅力はなんといっても、定位感抜群でライブやコンサートと同じように前方からしっかりとした透明度抜群の音のシャワーを浴びる事が出来ることではないだろうか。
しかも、アンプも2つのスピーカーだけを鳴らせばよいので複雑な回路は必要ない。スピーカーも2本のみ必要なだけである。

しかし残念なことに、ごく一部のメーカーを除いて国内のどのメーカーもが力を入れているのは5.1chや7.1chなどのマルチチャンネルと呼ばれる映画館の再生音を目指した音である。

まずマルチチャンネル再生の利点であるが、これはスピーカーを5台以上並べるので音の立体感は2chだけのオーディオよりも立体的に聞こえる。(ただし、2chで使うスピーカーを同じものを5台以上揃えることが前提)このため、非常に迫力がある音を得ることが出来る。
しかし、問題点も多くある。まず、ハイエンドオーディオ機器を使って聴くディスクは映画ではなく、通常のCDやレコードになり、そもそもマルチチャンネル録音されていない。定位感もスピーカーの数が多くなる分悪くなる。また、アンプもパワーアンプと呼ばれるものが5台、スピーカーも5台必要になり、それをコントロールするプリアンプも必要になる。またそれだけのものを買うお金や場所が必要になる。
 
逆に言えば、メーカーは今まで以上にコストを抑えてオーディオ機器を作ろうとするので同じお金を出した場合、音質の違いは明らかに2chオーディオの方が良い。先ほどの音の立体的さも、良いオーディオ機器を使うと本当に音が浮き出てきたかのように立体的に聞える。

このことから、音楽を聴くなら2chで再生するのが最適であることが分かる。