ハイエンドオーディオの定義

ラジカセとハイエンドオーディオでは何が違うか

オーディオ機器の分離について

2ch再生の魅力

2ch再生とマルチチャンネル再生の違い

用語集

より良い音で音楽を聴くための豆知識

私の所有するハイエンドオーディオ機器

掲示板

WADIA27ix v3.0 DAコンバーター試聴

トップページへ
 
 
ラジカセとハイエンドオーディオでは何が違うか?

世の中では小型集積されたものが高級品であり、良いものとされている。例えばパソコンがその一例だ。
ノートパソコンとディスクトップの場合、同じ性能を求めるとノートパソコンの方が圧倒的に高くつく。

ではオーディオの世界ではどうだろうか?答えはパソコンとは全く逆で、高くて良いものは大きくて重いものばかりだ。
いい例をとると、ラジカセと単品のオーディオ機器を組み合わせたシステムである。
本来であればラジカセは集積されたもので高いはずなのに、安い物では1980円で買える。
で、単品のオーディオ機器は音楽を鳴らすのにどんなに安くても新品で揃えた場合10万円は必要である。
高い物では数千万円かかる。しかも、ラジカセに比べたら集積性0である。

ラジカセでも単品で揃えたオーディオ機器でも同じ音楽が鳴る。では何が違うのか?
一言でかたずけると、「音質」である。俗に言う「音」が違うのである。

ハイエンドオーディオをやる人達は皆、その音質の向上をすべく切磋琢磨しているのである。
他の人がラジカセで満足する音質では駄目で、もっと良い音質で音楽を聴きたいのである。